新鮮な食材を、長期保存できる商品に。


■缶詰の魅力

①安全で衛生的、栄養価が高い

食品を容器に密封し、加熱殺菌するため、保存料などの添加物を一切使用しません。また真空に近い状態で加工するため、ビタミンや栄養成分の損失を防ぎます。

 

②経済的かつ省エネルギー

生鮮食品を缶詰加工することでフードロスを防ぎ、高圧で加工することで調理時間も短縮するため省エネルギー。また常温で流通できるため、輸送コストや保管コストも削減できます。

 

③保存性や利便性が高い

空気・水・菌が入らない容器で加熱殺菌するため、長期間の常温保存が可能です。魚・肉・野菜などの具材を加工したご飯のおかず、パスタソースやカレーソース、スープなど温めてすぐに食べられるものなど、アイディア次第で様々な缶詰がつくれます。


■缶詰加工食品という選択

缶詰加工食品は「食品を容器に密封して加熱殺菌(加圧加熱殺菌)」を施すため味の調整が難しい側面もありますが、保存期間が長く、常温で保存可能。アンテナショップや道の駅や百貨店での販売に最適です。また国内製造の「AINASオリジナル缶」に入れれば、自販機でも販売が可能です。

■こんな商品の缶詰化がおすすめです。


ご相談窓口

缶詰加工に関するご相談は、電話またはご相談フォームからお問い合わせください。

電話 0 7 9 9 - 2 8 - 1 1 1 2  (平日9:00〜17:00)